港北ふるさと人物伝「飯田助知」

飯田助知さん(港北区綱島台在住)

横浜市港北区綱島台にある、飯田家。江戸時代に造られた長屋門と、明治時代中期に再建された主屋、庭園は、横浜市の有形文化財にも指定されています。飯田家は、江戸時代に北綱島村の名主を務め、農地の開墾や鶴見川の改修に尽力した名家です。第14代当主の飯田助知さんの、名主としての使命感、父助丸さん、祖父助夫さんをはじめとする、ご先祖のお話を伺いました。助知さん自身が記憶にある、昭和16年の大水害のお話、文化財としての家屋を維持する難しさ、苦労話もうかがいました。

(2016年7月29日 金曜日 収録)

人物伝「飯田助知」

港北ふるさと人物伝「飯田助知さんについて」

飯田家は、江戸時代に北綱島村の名主を務め、農地の開墾や鶴見川の改修に尽力した名家です。 第14代当主の飯田助知さんは、県立高校で世界史を教え、校長も務めました。 その後、横浜市ふるさと歴史財団の理事などを務め、現在は「綱島市民の森...
人物伝「飯田助知」

第1話 港北区・綱島について

飯田家は、江戸時代に北綱島村の名主を務め、農地の開墾や鶴見川の改修に尽力した名家です。 第14代当主の飯田助知さんは、県立高校で世界史を教え、校長も務めました。 その後、横浜市ふるさと歴史財団の理事などを務め、現在は「綱島市民の森...
人物伝「飯田助知」

第2話 鶴見川の水害と飯田家

飯田家は、江戸時代に北綱島村の名主を務め、農地の開墾や鶴見川の改修に尽力した名家です。 第14代当主の飯田助知さんは、県立高校で世界史を教え、校長も務めました。 その後、横浜市ふるさと歴史財団の理事などを務め、現在は「綱島市民の森...
人物伝「飯田助知」

第3話 水害の記憶

飯田家は、江戸時代に北綱島村の名主を務め、農地の開墾や鶴見川の改修に尽力した名家です。 第14代当主の飯田助知さんは、県立高校で世界史を教え、校長も務めました。 その後、横浜市ふるさと歴史財団の理事などを務め、現在は「綱島市民の森...
人物伝「飯田助知」

第4話 飯田家の家訓 その1

飯田家は、江戸時代に北綱島村の名主を務め、農地の開墾や鶴見川の改修に尽力した名家です。 第14代当主の飯田助知さんは、県立高校で世界史を教え、校長も務めました。 その後、横浜市ふるさと歴史財団の理事などを務め、現在は「綱島市民の森...
人物伝「飯田助知」

第5話 飯田家の家訓 その2

飯田家は、江戸時代に北綱島村の名主を務め、農地の開墾や鶴見川の改修に尽力した名家です。 第14代当主の飯田助知さんは、県立高校で世界史を教え、校長も務めました。 その後、横浜市ふるさと歴史財団の理事などを務め、現在は「綱島市民の森...
タイトルとURLをコピーしました