港北の昔ばなし紙芝居

港北の昔ばなし紙芝居 港北の昔ばなし紙芝居

港北区は、2014年度に生涯学級「港北昔ばなし紙芝居講座」を3年間の事業として行いました。講師の先生を迎え、「港北に伝わる昔ばなしの紙芝居を作る」とのテーマで取り組み、作成した紙芝居を披露するというプログラムで行われました。たくさんの人に見てもらいたいとの思いから、紙芝居を広める活動に繋がり、そして、講座開講中の2015年には、参加者による市民活動グループ「たまてばこ」も誕生しました。「たまてばこ」の名前の由来は、「箱を開けたら、港北区の歴史の中からどんなお話が出てくるか、お楽しみに!」というところから。その由来の通り、作品はすべて港北区に伝わる昔ばなしを題材にしたもの。地域の昔ばなしに親しむことは、地域の歴史を知ることに繋がり、地域への関心や愛着を深めるきっかけにもなります。年に1回、地域の歴史や民話を学ぶ勉強会を開き、一つの紙芝居を作り上げるために、構想を練り、文章を考え、絵を描き上げます。講師の先生のアドバイス、仲間同士の意見交換を通して、よりよい紙芝居づくりを目指しています。「たまてばこ」では、紙芝居の上演活動を行なっています。上演を希望される場合は、港北区役所区民活動支援センター(電話:045-540-2246)までお問い合わせください。

なお、ここでは、「たまてばこ」のメンバーの皆さん以外の紙芝居も紹介しています。また、紙芝居の中には、昔から地域に伝わる話などを当時の表現のまま使って制作しているものもあります。現代の言い回しとそぐわない場合もありますがご了承ください。

港北の昔ばなし紙芝居

港北の昔ばなし紙芝居「走り大黒」

村の人々に福を届けようと走り回る大黒様。そんな大黒様を菊名の魚屋夫婦が見つけ、丁重なおもてなしをしたのに、なぜか悪いことばかりが起こるというおはなし。(横浜市港北区菊名)作・絵:青柳宏美編集:大野 博制作・著作:港北ふるさとテレビ...
港北の昔ばなし紙芝居

港北の昔ばなし紙芝居「熊野神社のともだち鯉」

ひとりぼっちのとき坊が友達ほしい!とつぶやくと木の中から、「いの池」に住むコイ太とキンギョが飛び出してきました。3人の心温まる交流を描いたお話です。(横浜市港北区師岡町) ※ この作品を観る前に港北の昔ばなし紙芝居「いの池不思議物...
港北の昔ばなし紙芝居

港北の昔ばなし紙芝居「いの池不思議物語」

弓矢でケガをした権現様に目をあげたことから、池の鯉はみんな片目になるという師岡熊野神社「いの池」に伝わるおはなし(横浜市港北区師岡町) 作・絵:五十嵐 登久恵編集:大野 博制作・著作:港北ふるさとテレビ局
港北の昔ばなし紙芝居

港北の昔ばなし紙芝居「いたずらずきな石猿」

いたずら好きな石猿が村人を困らせたことを反省し、関東大震災などの災害を知らせ、村人を救ったという言い伝え。(横浜市港北区菊名)作・絵:筒井 珠美編集:大野 博制作・著作:港北ふるさとテレビ局
港北の昔ばなし紙芝居

港北の昔ばなし紙芝居「やかん坂のタヌキ」

タヌキがやかんに化けて坂を転がったことから「やかん坂」という名がついた、菊名の蓮勝寺の脇の坂のおはなし(横浜市港北区菊名)作・絵:大石 規余江編集:大野 博制作・著作:港北ふるさとテレビ局
港北の昔ばなし紙芝居

港北の昔ばなし紙芝居「よこはま七福神巡り」

還暦を迎えた夫婦、福次郎とナナが、港北区内の「横浜七福神」がある寺社を1つずつ訪れ、紹介します。(横浜市港北区全域)作・絵:田中佐知子編集:大野 博制作・著作:港北ふるさとテレビ局
港北の昔ばなし紙芝居

吉野久枝作「浄流寺の季節託児所」

昔、田植えなどで農家が忙しい時に、小さな子どもたちを預かってくれていた新吉田の浄流寺の様子が描かれています。(横浜市港北区新吉田町)作・絵:吉野久枝制作・著作:港北ふるさとテレビ局
港北の昔ばなし紙芝居

五十嵐登久恵作「だいだらぼうは神様だった」

心優しい巨人「だいだらぼっち」が、田畑に溢れた雨水を飲んで足を滑らせ、尻もちをついたところが菊名池になったというおはなし。(横浜市港北区菊名)作・絵:五十嵐 登久恵制作・著作:港北ふるさとテレビ局
港北の昔ばなし紙芝居

藤岡慶作「鳥山の獅子」

大正14〜15年頃まで続いていた、鳥山八幡宮の獅子頭を担ぎ、流行り病に苦しんでいる人の家を一軒一軒まわる風習を紹介しています。(横浜市港北区鳥山町)作:藤岡 けい 絵:藤岡 園生編集:大野 博制作・著作:港北ふるさとテレビ局
港北の昔ばなし紙芝居

越野美佐子作「舟運〜夢を運ぶ舟〜」

昭和のはじめ頃まで、鶴見川では舟を使っていろいろなものを運んでいました。小学生の誠くんは、おじいさんから鶴見川の昔の様子を教えてもらいます。(鶴見川)作・絵:越野 美佐子編集:伊藤 幸晴制作・著作:港北ふるさとテレビ局
タイトルとURLをコピーしました