港北区にお住いのみなさんは、港北区をどんな町と感じていますか?ただ住んでいるというだけじゃもったいない。港北区はすばらしい町です。せっかくここにお住いなら、「ふるさと」としての港北区を感じてみませんか?私たち「わがまち港北映像プロジェクト」では、私たちの町を「ふるさととしての港北区」として再発見できる映像作品をみなさんに紹介しています。

【目的】

港北区制80周年を機に、区内の自然、文化、歴史、景観等、まちの魅力を再発見し、まちの記憶を共有の財産として次の世代に残します。

【経緯】

区内では「港北ふるさとテレビ局」「ワークショップ・ピリオド」などの市民による映像創作活動、(公財)大倉精神文化研究所や港北図書館、学校、地域で地域文化の保存・継承活動が、「港北ボランティアガイドの会」による区内の魅力を知るガイドツアー活動が行われています。そこで市民団体として「わがまち港北映像プロジェクト」をつくり、港北の発展の歴史を映像で伝える取組をすすめています。

【設立メンバー】

 伊藤 幸晴(港北ふるさとテレビ局 代表)
 小林 富夫(ワークショップ・ピリオド 代表)
 三枝 千春(港北ボランティアガイド)
 平井 誠二(公益財団法人 大倉精神文化研究所 所長)
なお、現在、港北区を愛するスタッフ募集中です!
写真撮影、ホームページ制作、台本作成、ビデオ撮影、ビデオ編集、ナレーションなどが出来るスタッフを募集中です。
その他の事務スタッフ等も募集していますので、ご興味のある方は、作業の内容に関わらずご相談ください。
お問い合わせはこちら