港北区にお住いのみなさんは、港北区の歴史をどれくらい意識していますか?この辺りはかつて武蔵の国橘樹郡と呼ばれていました。港北区の歴史に関する映像はこちら。また、皆さんの貴重な映像も募集中です。お持ちの方は是非ともご提供ください

港北区の歴史

新横浜駅は、東京オリンピックの開催された昭和39年(1964年)に開通した東海道新幹線の開通と同時に営業を開始しました。それまで田んぼしかなかった新横浜がどのように今の横浜新都心にまで発展したのでしょうか?

◆港北区制80周年

港北区制80周年記念動画

◆新横浜50歳の写真集

新横浜50歳の写真集

◆昭和の映像「大倉山記念館の建設(1)東横線と大倉山」

昭和の映像

港北の昔ばなし紙芝居

港北区は、2014年度に生涯学級「港北昔ばなし紙芝居講座」を3年間の事業として行いました。講師の先生を迎え、「港北に伝わる昔ばなしの紙芝居を作る」とのテーマで取り組み、作成した紙芝居を披露するというプログラムで行われました。たくさんの人に見てもらいたいとの思いから、紙芝居を広める活動に繋がり、そして、講座開講中の2015年には、参加者による市民活動グループ「たまてばこ」が誕生しました。

◆「この橋わたれ」

そうめんを入れる木箱を駒林村から隣村の木月村に売りに出かけたき助が、矢上川にかかる橋でカワウソに会うおはなし。 作・絵 たなかさちこ
この橋渡れ

◆「メカリ婆さん」

メカリ婆さん

◆「大蛇とはやりやまい」

大蛇とはやりやまい

◆「大倉山の大倉邦彦さんの話」

大倉山の大倉邦彦さんの話